歌川広重の『江戸名所百景』と現代の地図や写真を比較している本。(2011年)

2015/06/08

【資料1】は大正時代と1990年頃の写真と簡単な地図を対比している。大正の写真は今昔対照江戸百景(国会図書館古典席資料室蔵 風俗絵巻図画刊行会版・広重会 大正8年)に拠っている。現代の写真は、1990~1993頃の暮らしの手帖編集部による。

【資料2】は大正時代と2007年頃の写真を対比している。大正の写真は【資料1】と同じ、現代の写真は著者撮影による。

【資料3】は大正時代と1995年頃の写真を対比している。大正の写真は【資料1】と同じ。目次に名所百景が描かれた場所の住所記載。

【資料4】は江戸切絵図と1996年頃の地図の対比。

【資料5】は2009年頃撮影の写真と絵の対比。新書サイズ。

 

(参考資料)

【資料1】『今とむかし広重名所江戸百景帖 江戸と東京』暮しの手帖社 1993年 2913/654/93

【資料2】『江戸百景今昔 江戸を楽しみ、大正を知り、現代を歩く』大野光政著 本の泉社 2009年 2913/L1114/0009

【資料3】『江戸・東京百景今昔 広重「名所江戸百景」を東京に見る』中野区教育委員会,中野区立歴史民俗資料館編集 中野区教育委員会 中野区立歴史民俗資料館 1995年 M3646/YA-1/18

【資料4】『広重の大江戸名所百景散歩 江戸切絵図で歩く 嘉永・安政江戸の風景百十九 古地図ライブラリー3』人文社第一編集部編 人文社 1996年 2910/211/3

【資料5】『江戸・東京百景広重と歩く』平成広重ラボラトリー著 角川SSコミュニケーションズ 2009年 2913/1161/009

 

(レファレンス協同データベース版)http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000098949window open