皇居にある二重橋は元々違う名前で呼ばれていた?(2006年)

2015/06/08

 【資料1】によれば「西丸大手下乗橋」といい「俗にめがね橋とも言った」ということです。いわゆる「二重橋」は俗称であり、正式名称は手前の石橋が「正門石橋」、奥の鉄橋が「正門鉄橋」です。「二重橋」という名称については、石橋が二重アーチの橋桁を持つことからと言う説、石橋と鉄橋が外から見ると二重に見えるところから、両橋をあわせて二重橋と称されたという説が有名です。しかし実際は、現在鉄橋(昭和39(1964)年に架替)になっている奥の橋が昔は二重だったことに由来します。建設上の理由(水面から西の丸までの高さは20メートルもあり、橋脚を立てるのは不可能であったため、まず中段に橋桁をわたし、それを土台にして橋脚を立てた)から二重構造であったことから、二重橋と呼ばれるようになったのです。(【資料2】【資料3】)。掛け替えられる前の橋の姿は【資料4】で見ることができます。

(参考資料)

【資料1】『千代田区史跡散歩』(岡部喜丸著 学生社 2002年 2913/659/1 p.71)

【資料2】『江戸城の秘密 歩いてわかる!』(原史彦/監修 洋泉社 2015年 5218/251/0015 p.88)

【資料3】『皇城』(中島卯三郎編著 雄山閣 1959年 2884/3/59)

【資料4】『写真でみる幕末・明治』(小沢健志監修 世界文化社 1990年 2105/10/90 p.37)

【資料5】『江戸城』(西和夫著 中央公論美術出版 1982年 5218/57/82 )

【資料6】『 東京公園文庫 9 皇居外苑』(前島康彦著 東京都公園協会監修 郷学舎 1981年 6290/1/9)

 

(関連サイト)

宮内庁  http://www.kunaicho.go.jp/window open  (2010/10/24確認)

千代田区立四番町歴史民俗資料館(日比谷図書文化館)  http://hibiyal.jp/hibiya/about.htmlwindow open (2015/5/21確認)

 環境省  https://www.env.go.jp/garden/kokyogaien/1_intro/his_04.htmlwindow open  (2016/10/16確認)

(レファレンス協同データベース版)http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000032308window open