「隅田川」とはどこからどこまでを指すのか。(2009年)

2015/06/08

 隅田川は上流を荒川とし、荒川の下流(東京都北区岩淵地点)で隅田川として分かれて、東京のまちの中を蛇行して東京湾に流れます。よって水源は荒川と同じ、起点は岩淵水門とし、長さは約23.5kmです。

 

(回答プロセス)

「隅田川」の川としての定義は長い間曖昧でした。承和2(835)年にはすでに「住田河」として古文書に登場していますが、【資料1】によると「古い時代には入間川と呼ばれ、江戸時代中期までの公文書と地図で見る限りでは、浅草川と呼ばれていた」ということです。 【資料2】によると「荒川下流部は、武蔵国と下総国の国境であり、武蔵国側からいえば浅草川、下総国側からの呼称は隅田川であった」ということになります。 また【資料3】によると「江戸時代に隅田川とよんだのは大体汐入・鐘淵下流、少なくとも千住大橋下流からのようで、浅草観音の付近を宮戸川とか浅草川とよび、両国付近では大川とか両国川とよんだ」のです。 【資料4】の記述の通り「川の呼名は流れる地域によって異」なるわけです。表記としては隅田のほか、角田、墨田なども宛てられていました。【資料12】に書かれているように「名称の多さは、それだけ隅田川が多くの人々とかかわりをもった証」とも言えるでしょう。 文献や地図に表されているにも関わらず、昭和39(1964)年の河川法(施行は翌年4月1日)で荒川の支流として認められるまで、正式名称ではなかったのです。

 

(参考資料)

【資料1】『〈図説〉江戸・東京の川と水辺の事典』 鈴木理生編著 柏書房 2003年  2136/689/003 p.154-156 (「川の呼び方」)

【資料2】『江戸の川・東京の川』 鈴木理生著  井上書院 1990年 2913/9/90 p.57-p.59 (「隅田川と浅草川」)

【資料3】『国史大辞典 第8巻』 国史大辞典編集委員会編  吉川弘文館 1987年 2100/360/008 p.144

【資料4】『川の地図辞典 江戸・東京/23区編 フィールド・スタディ文庫』 菅原健二著 之潮 2008年 5172/37/0008 p.10

【資料5】『都市の川 隅田川を語る』 隅田川市民交流実行委員会編 岩田書院 1995年 5172/18/95 p.51-59

【資料6】『墨東外史すみだ』 東京都墨田区企画広報室編  東京都墨田区  1967年 C3624/2136/008 p.437 (「隅田川の名称に用いし文字」)

【資料7】『利根川荒川事典』 利根川文化研究会編 国書刊行会 2004年 2913/1060/004 p.203

【資料8】『江戸・町づくし稿 下巻』 岸井良衛編  青蛙房 1965年 2136/310/003 p.387

【資料9】『川 -隅田川- 復刻版 岩波写真文庫 19』岩波書店 2007年 2913/1200/19 (1950年初版の復刻版)

【資料10】『木母寺誌 木母寺文庫 4』梅若塚木母寺 1876年 1859/15/76 p.91-95 (「雑考・隅田川」)

【資料11】『色町俗謡抄 浅草・吉原・隅田川』中尾達郎著 三弥井書店 1976年 3849/46/87 (語源や異名など)

【資料12】『図説大江戸ウォーク・マガジン 古地図をたよりに歩く大江戸万華鏡』(別冊歴史読本 55 第25巻第19号) 竹内誠監修 新人物往来者 2000年 2136/646/000  p.24

 【資料13】『東京の川と水路を歩く』メディアユニオン編 有楽出版社,実業之日本社 2012年 2913/1266/0012 p.58-60

 

(備考)

すみだ郷土文化資料館  http://www.city.sumida.lg.jp/sisetu_info/siryou/kyoudobunka/index.htmlwindow open  (墨田区役所  http://www.city.sumida.lg.jp/window open ) (2014/3/14確認)

「隅田川はどんな川?」  http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/kasenseibikeikaku/pdf/sumidagaiyou.pdfwindow open  (東京都建設局  http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/index.htmlwindow open ) (2014/3/14確認)

「首都圏を支える母なる川 荒川」  http://www.mlit.go.jp/river/toukei_chousa/kasen/jiten/nihon_kawa/83029/83029-1.htmlwindow open  (国土交通省  http://www.mlit.go.jp/window open ) (2014/3/14確認)

 

(レファレンス協同データベース版)http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000061983window open