レファレンス事例集

江戸東京博物館図書室のレファレンス事例集

 

国立国会図書館運営レファレンス協同データベースwindow openで江戸東京博物館図書室が提供した事例が検索できます。


(※「レファレンス」とは利用者が学習・研究・調査等で図書室に情報を求めた場合に、図書室の機能を活用して、参考となる資料をご案内するサービスです。)


●フリーワードから探す
事例をフリーワードから検索できます。


●江戸東京博物館図書室の事例をすべて見る



 

2015/06/08

隅田川の桜はいつ、だれが植えたのか。(2001年)

 享保2(1717)年に八代将軍徳川吉宗によって植樹されたとする文献が多いが、それ以前の寛永年間説など諸説ある。   (回答プロセス) 【資料1】『都史紀要39 レファレンスの杜』によると、寛永年間(1624~44)に植樹されたのが始めとしており、徳川吉宗時代の享保2(1717)年と享保11(1726)年に 補植されたとする。【資料...

2015/06/08

東京市歌・東京都歌の作詞・作曲者。譜面が載っている本はないか。(2001年)

【資料1】『東京のうたその心をもとめて』によると、「東京市歌」(大正15年制定)の作詞者は高田耕甫、作曲者は山田耕筰です。「東京都歌」(昭和22年制定)の作詞者は原田重久・補作深尾 須磨子、作曲者は加須屋博です。譜面も掲載されています。【資料2】『都史紀要39 レファレンスの杜』に成立について詳しく述べ...

2015/06/08

江戸城内、松の廊下について詳しく知りたい。(2000年)

 江戸城本丸の、浅野長矩が刃傷事件をおこした場所として良く知られているこの廊下は、襖を飾る狩野派の障壁画に松が描かれていたので、 松の廊下と呼ばれています。本丸の大広間とその北側の白書院を結ぶ長い廊下です。大広間を出て西に10.5間(約20.7メートル)、さらに北に直角に曲がって 17.5間(34.5メートル)、全長...

2015/06/08

江戸のにぎりずし(寿司・鮨)の発祥は?(2000年)

 『図説江戸時代 食生活事典』(雄山閣出版1978)には1820年(文政3)頃とあり、松ヶ鮓・与兵衛鮓の名があげられています。 『江戸川柳飲食事典』(東京堂出版1996)には文化文政年間の頃とあり、「嬉遊笑覧」の「文化のはじめ頃、深川六軒ぼりに松がすし出きて」という 記述からこれがにぎり寿司の初めかと推測される...

2015/06/08

浅草にあった凌雲閣(浅草十二階)という建物について教えてほしい。(2000年)

 凌雲閣は明治23年築、通称(浅草)十二階とよばれ、10階までは総煉瓦造り、11・12階は木造の楼閣でした。8階までにはわが国初のエレベーターが設置され(2年で廃止)、上階には望遠鏡が備え付けられ、四方眺望が楽しめたといいます。当館常設展示室「市民文化と娯楽」コーナーで1/10模型をご覧戴けます。( https://...

2015/06/08

江戸の七不思議を教えてください。(2000年)

 もっとも有名な本所七不思議をあげると、「置いてけ堀」「狸ばやし」「馬鹿ばやし」「送り提灯」「落葉無き椎」「津軽屋敷の太鼓」「片葉の葦」 「あかりなしの蕎麦屋」「消えずの行灯」「足洗い屋敷」「送り拍子木」の話などが伝えられています。この中のどれをもって七つとするかは諸説がある ようで、「麻布七不思...

2015/06/08

現在隅田川に架かっている橋を教えてください。(2000年)

 勝鬨橋・佃大橋・中央大橋・相生橋・永代橋・隅田川大橋・清洲橋・新大橋・高速隅田大橋・両国橋・蔵前橋・厩橋・駒形橋・吾妻橋・ 言問橋・桜橋・白髭橋・水神大橋・千住大橋・尾竹橋・尾久橋・小台橋・豊島橋・新田橋・新神谷橋です。そのほかに鉄道橋なども架かっています。   (参考資料) 『隅田川の橋 写真で見...

2015/04/01

新門辰五郎は火消しの何組だったのか。(2014年)

【資料1】『やくざの生活』によると、十番組を組の頭から頭取になったと書かれています。 (回答プロセス) 【資料2】『日本伝奇伝説大事典』、【資料3】『江戸消防 創立五十周年記念』には「十番組を組」と書かれている。参考資料【資料4】~【資料6】には「十番組頭」と書かれている。 (参考資料) 【資料1】『やくざ...

2015/04/01

現在の日本橋の設計図はあるか。(2014年)

1911年(明治44)に架けられ、現在も使用されている石造の日本橋の設計図は、『工学会誌』第32輯359巻に掲載されています。(公益社団法人土木学会付属土木図書館ホームページ内のデジタルアーカイブス(備考※1参照)で公開されています。) (回答プロセス) 『工学会誌』第32輯359巻以外に、土木学会『Web版 行動する技...

2015/03/05

現代行われている七五三の「碁盤の儀」の由来となる文献を探している。(2014年)

 『江馬務著作集 第七巻 一生の典礼』【資料1】に、七五三で祝いの袴をつける袴着(はかまぎ)の作法で、幼児を碁盤の上に吉方を向いて立たせる、とあります。『イラストでみる日本史博物館 第2巻 服飾・生活編』【資料2】には、「小笠原諸礼大全」を参考にして描かれた、袴着の際に碁盤に立つ幼児の挿絵が掲載されていま...