チケットうりば(1階・3階)

1階 9:30~17:00(土曜日は9:30~19:00)
3階 9:30~17:00

※クレジットカード使用可

特別展示室(1階)

特別展示室休室のお知らせ(平成29年9月1日~平成31年4月以降(予定)) 詳しくはこちらをご覧ください


常設展示室(5階・6階)

常設展示室

5階と6階が吹き抜けになった、約9,000㎡の大きな展示室は、「江戸ゾーン」「東京ゾーン」「第2企画展示室」で構成されています。綿密な調査研究を踏まえて復元した実物大の大型模型や当時の様子を忠実に再現した縮尺模型、当時の人々が実際に使っていた実物資料などを豊富に展示しています。江戸東京の都市と文化、そこに暮らす人々の生活を楽しみながら学ぶことができます。
常設展の詳細についてはこちらをご覧ください。

図書室(7階)

図書室

江戸東京の歴史や文化に関する約20万点の図書や雑誌、マイクロフィルムがあります。
開室時間:9:30~17:30
閲覧・複写請求受付時間:9:30~11:30、13:00~16:30

映像ライブラリー(7階)

映像ライブラリー

当館オリジナルの映像作品を中心に、4分~73分間の作品を専用端末でご覧いただけます。ご利用の際は受付で専用ヘッドホンを貸出いたします。タッチパネルで作品を選び、ご鑑賞ください。

  • 【開室時間】9:30~17:30

2018/09/26映像ライブラリー

平成30年10月のおすすめ作品

作品番号270

狩野派の十九世紀―江戸城を彩る―

 

東京都江戸東京博物館/制作

2003年
33分

江戸時代徳川幕府の御用絵師(ごようえし)であった狩野派は、19世紀になると様々な意味で転換期を迎えます。1838年(天保9)と1844年(天保15)の江戸城西の丸・本丸の造営に伴う障壁画制作は、小規模なものを手がけていた19世紀の狩野派にとっては未曾有の経験でした。狩野派の制度や格式・日常の仕事をわかりやすく説明するとともに、諸藩の御用絵師や明治以降の狩野派の動向を紹介します。

作品番号104

東京・街あるき2―学生と本の街―

 

東京都江戸東京博物館/制作

1995年
14分

神田駿河台の高台を中心に広がるお茶の水は、7つの大学、12の専門学校、2つの予備校、5つの高校の集まる学生の街です。駿河台下交差点から神保町に至るまでは古本屋街。多くの文人とも縁の深い街でもあります。この作品は、お茶の水や神保町が学生と本の街になったいきさつを、その街並の中で歴史を振り返りながら紹介します。
作品番号153

近世の技術と生活―文字の普及―

 

桜映画社/制作

1995年
22分

江戸時代中頃まで、読み書きができたのは武士や有力者が主でした。江戸後期に文字が普及し、それは、商品作物栽培による経済発展と生活の向上に大きな役割を任いました。寺子屋の増加が庶民に読み書きを浸透させ、作物栽培や商売の方法を印刷物で学べるようになったのです。この作品では文字が庶民のものとなった近世の生活を紹介します。

作品番号394

絵図に偲ぶ江戸のくらし

 

岩波映画製作所/制作

1978年
33分

文京区の本郷通りは、昔将軍の日光御成道といわれ、この通りに安政年間(1855~1860)に住んだ髪結い「えび床」・伊せや吉左衛門の2人が詳しい絵図を残しています。この絵図には、当時の人々の暮らしや町の様子が生き生きと記録されています。この作品では、今はないもの、変わり果てたものを現在の街と対応し、交互に織り交ぜながら、江戸時代の庶民の生き方を偲びます。

作品番号309

東京のおもちゃ屋さん

 

東京都映画協会/制作

1962年
13分

この作品の制作時、おもちゃ工場は、安い土地と労働力のある下町に集中していました。おもちゃ産業の需要は不安定であり、そこに従事する人のほとんどが25才以下の低賃金労働者でした。このように、おもちゃ工場の大部分は中小企業でしたが、一方で、おもちゃは重要な輸出品でした。安全なおもちゃを供給するため、厳格な安全審査が行なわれていました。

2017/07/22映像ライブラリー

映像ライブラリー 全作品目録

映像ホール(1階)

 

レストラン(1階・7階)

和食・甘味処 桜茶寮(さくらさりょう)(7階)

桜茶寮(さくらさりょう)

屈指の眺望と江戸の食文化をテーマにお食事や喫茶が楽しめるカフェレストラン。

  • 【電話番号】03-5611-5550
  • 【営業時間】11:00~18:00(土曜日は~20:00)

※オーダーストップ:閉店30分前
※クレジットカード使用可

和食・甘味処 桜茶寮のおすすめメニュー

カフェ三笠 江戸東京博物館店(1階)

銀座 三笠会館による初のサンドイッチ&カフェ。オリジナル和スイーツもご用意。

  • 【電話番号】03-6456-1246
  • 【営業時間】10:00~18:00(土曜日は~20:00)

※オーダーストップ:閉店30分前
※クレジットカード使用可

カフェ三笠 江戸東京博物館店のおすすめメニュー

銀座洋食 三笠會館 江戸東京博物館店(1階)

銀座洋食 三笠會館 江戸東京博物館店

銀座の地で90年余りの歴史を刻んできた、三笠會館伝統の洋食メニューをお気軽に。

  • 【電話番号】03-6240-4877
  • 【営業時間】10:00~18:00(土曜日は~20:00)

※オーダーストップ:閉店30分前
※クレジットカード使用可

銀座洋食 三笠會館 江戸東京博物館店のおすすめメニュー

ミュージアムショップ(1階・5階)

ミュージアムショップ

絵画、陶器、ガラス、文房具、玩具、絵はがき、手ぬぐいなどオリジナルグッズを豊富に揃えております。江戸東京に関する本もご用意しております。当館でしか手に入らないグッズがいっぱいです。

  • 【電話番号】03-6456-1781
  • 【営業時間】(1階) 9:30~17:30 (5階) 9:30~17:30

※土曜日は1F ~19:30
※クレジットカード使用可

●当館の分館、江戸東京たてもの園の本『新 たてもの園物語』(スタジオジブリ制作)が、江戸東京博物館のミュージアムショップで発売しています。

えどはくオリジナルグッズ

 

NEW

江戸博コレクション
武蔵野図屏風シリーズ
風呂敷 de スカーフ

■9800円(税込)

発売開始日 平成29年9月15日


NEW

江戸博コレクション
武蔵野図屏風シリーズ
スカーフ

■9800円(税込)

発売開始日 平成29年9月15日



【巻き方色々】


赤絵みみずく人形
赤絵みみずく人形

子供を災いから守るという版画の赤絵みみずくを人形にしました!お守りにどうぞ。

■大:2,075円(税込)
  高さ約10cm

■小:463円(税込)
  高さ約3.5cm


*手作りのため、多少大きさ
 ・表情が違います。

 

 

 

書籍類

祝祭都市:江戸東京-江戸東京博物館所蔵浮世絵版画コレクション

当館の所蔵品の中から、浮世絵版画の名品を収録

全187ページ

■各 1,800円(税込)


その他の書籍は刊行物一覧をご覧ください。

墨田区文化観光コーナー(1階)

墨田区文化観光コーナー

墨田区および近隣区の地図やイベントの情報を発信しております。また、江戸東京の伝統の味、下町銘菓や絵はがきなど選りすぐりの品を取り揃えていますので、お土産・記念品にぜひご利用ください。

  • 【電話番号】03-3626-0721
  • 【営業時間】10:00~17:30 (土曜日は18:30まで)

※クレジットカード使用不可

貸出施設(1階)

 

貸出施設一覧

【ホール】

【ホール】

面積771㎡

収容数446人

ホール客席図面

【会議室】

【会議室】

面積315㎡

収容数150 人

【学習室1】

【学習室1】

面積100㎡

収容数54 人

【学習室2】

【学習室2】

面積79㎡

収容数45 人

【楽屋1】

【楽屋1】

面積16㎡

【楽屋2】

【楽屋2】

面積18㎡

【楽屋3】

【楽屋3】

面積35㎡

【楽屋4】

【楽屋4】

面積27㎡