「江戸」の由来について(2004年)

2015/06/08

 【資料1】によると地名の由来は諸説あるようです。 (1)川の海に臨んだ江の戸(入り口)、あるいは入り江のある所などの意味で、江戸の「門戸」説。 (2)土地柄や地勢に関連した古くからの呼称と考えられ、『古今要覧稿』には「江所(江に臨む所)」とあることから「江所」説。 (3)江の湊説。 (4)荏原の繁茂する「荏土」説。 (5)「余戸」説。 (6)アイヌ語説では“etu(宇土・烏頭(うとう)と同じく出っ張ったところ、岬または端の意味)”に由来するとする、アイヌ語説。 この中のどれを有力とするかは意見が分かれており、【資料2】【資料9】は(1)を、【資料3】は(2)を、【資料4】は(3)をそれぞれ検証した上で支持しています。いずれにせよ、この結論に関しては、まだ研究の余地があると思われます。

 

(参考資料)

【資料1】『江戸東京歴史読本』(小森隆吉 弘文堂 1984年 2136/ 517/84 p.10-13)

【資料2】 『東京都の歴史』(児玉幸多・杉山博 山川出版社 1969年 2136/ 258/69 p.77)

【資料3】『江戸東京学事始め』(小木新造 筑摩書房 1991年 2136/1/91 p.26-28)

【資料4】『家康はなぜ江戸を選んだか』(岡野友彦 教育出版 2009年 2136/502/009 p.118-130)

【資料5】『江戸東京地名事典 新装版』(雪華社 1981年 2913/4/81)

【資料6】『地名語源辞典』(校倉書房 1989年 2910/8/1)

【資料7】『広辞苑(第6版)』(岩波書店 2008年 8131/45/0008-S00)

【資料8】『角川日本地名大辞典 13 東京都』(角川書店 1991年 2910/2/14-S00 )

【資料9】『江戸東京残したい地名』(本間信治著 自由国民社 2009年 2913/1136/0009-S00 p.243)

 

(レファレンス協同データベース版)http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000013901window open