赤穂義士の討ち入りに協力したとされる「俵星玄蕃」は実在の人物か。

2017/06/29

 「俵星玄蕃」は実在の人物ではありません。【資料1】によると、忠臣蔵の美談の一編として文化年間(1804~17)のころに講釈師の大玄斎蕃格が創作したとされる人物です。その後、浪曲、講談、芝居等となって親しまれました。昭和39(1964)年には歌手の三波春夫が『元禄名槍譜俵星玄蕃』として玄蕃の物語を歌い、ヒット曲にもなりました。

 

(回答プロセス)

【資料1】によると、国技館周辺に墨田区が立てた俵星の道場跡とされる説明札がある。

【資料2】によると、こうした架空の人物が忠臣蔵を面白くしていると説明。

 

(参考資料)

【資料1】『高札めぐり 両国歴史散歩』墨田区観光協会編 墨田区観光協会 2009年 2913/1212/0009 p.16

【資料2】『忠臣蔵百科』泉秀樹著 講談社 1998年 2105/983/98 p.138-139

【資料3】『日本架空伝承人名事典』(増補版) 大隅和雄他執筆 平凡社 2000年 2810/345/0000 (記載なし。)

 

(関連事例)

「講談にも『俵星玄蕃』の話があるそうなので、『立川文庫 第9-10』(人物往来社 1968)に記述があるかどうか確認してほしい。」(国立国会図書館) http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000014065window open

 

 

(レファレンス協同データベース版) http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000190713window open