2021年3月〈江戸ゾーン〉の展示替えをおこないました!

2021/03/30展覧会・常設展

3月展示替情報 江戸ゾーン

常設展示室(5-6階)で展示替を行い、3月23日(火)から新たに資料を展示しています。おすすめの資料を紹介します。

 

2103_tenjigae-edo1

しろ羅紗地らしゃじきり紋付もんつき火事かじ羽織ばおりしろ羅紗地らしゃじきり紋付もんつき孔雀羽くじゃくはねもん火事かじばかま

Fire costume Fireproof jacket and hakama

展示コーナー:E1 江戸城と町割り 武家の文化コーナー

展示期間:2021年(令和3)3月23日(火)~5月23日(日)

19世紀

 

 火事装束は、火事場で消防に従事するために着用されました。江戸では火事が頻発したため、消防組織が早くから整えられました。武家装束は、兜・羽織・胸当・袴を、町火消は頭部を隠す猫頭巾・刺子半纏を身に着けました。だんだんと奢侈しゃしになり、たびたび禁令が出されましたが、派手なものが好まれました。

 

2103_tenjigae-edo2

上野うえの寛永寺かんえいじ花見図はなみず

Cherry blossoms at Ueno Kaneiji Temple

展示コーナー:E6 江戸の四季と盛り場 江戸の四季コーナー

展示期間:2021年(令和3)3月23日(火)~4月18日(日)

勝川春山/画 西村屋与八/版

天明後期~寛政初期(1785~90)

 

 満開の桜を楽しむ人々が行き交う寛永寺の風景。江戸の花見といえば、まず上野寛永寺でした。はじめは酒宴など大々的な花見が行われていましたが、将軍家の菩提寺であったため、後に歌舞音曲と飲食が禁じられ、静かな花見の場所となります。

 享保期以降、王子飛鳥山あすかやま、品川御殿山ごてんやま、小岩井、隅田川づつみなどが、庶民が気軽に花見に行ける、日帰りの行楽地となっていきます。

 

2103_tenjigae-edo3

みず浅葱あさぎきぬ縮地ちぢみじ流水りゅうすいさくらまついおり模様振袖

Furisode (long-sleeved kimono) with Stream, Cherry, and Herimitage design

展示コーナー:E8 江戸の美 装いとかざりコーナー

展示期間:2021年(令和3)3月23日(火)~4月18日(日)

江戸時代後期~末期(1746-1867)

 

 柔らかい水色(水浅葱)地に、たなびく雲や流水、桜や松、庵を配した振袖。縮地は絹、麻、木綿などの糸にりをかけて織物にし、その後の加工により布の表面に皺のような「しぼ」を配した織物です。

 

2103_tenjigaemap_edo6f

 

2103_tenjigaemap_edo5f