歌川広重「名所江戸百景」公開中

2015.04.17展覧会レポート

江戸博は、開館22年目にあたる本年3月28日、リニューアルオープンいたしました。
より親しみのある、わかりやすい展示をめざし、展示内容の充実に加え、大型模型・映像・展示コーナーの新設や体験模型の増設などを行いました。
これを記念して、常設展示室5F企画展示室では、館蔵品のうち全点公開の機会が少ない「名所江戸百景」全120枚(二代広重作画と目録を含む)を前・後期に分けて展示しています。(4月21日より後期展示)
江戸の多彩な都市景観と風俗を描いた「名所江戸百景」は、歌川広重最晩年の代表作で、遠近を強調する斬新な構図をはじめ、彫り・摺りにも優れ、完成度の高い作品です。後期印象派のゴッホに影響を与えたことでも知られ、国内外で最も有名なシリーズの一つです。
全点公開はめったにないチャンス!リニューアルした展示室で、幕末期江戸の名所周遊を存分にお楽しみ下さい。

 

hiroshige