常設展示室について

 
当館の常設展示室は、「江戸ゾーン」「東京ゾーン」「第2企画展示室」で構成されています。5階と6階が吹き抜けになった、約9,000uの大きな展示室を生かし、綿密な調査研究を踏まえて復元した実物大模型や当時の様子を忠実に再現した縮尺模型、当時の人々が実際に使っていた実物資料など豊富に展示されております。江戸東京の都市と文化、そこに暮らす人々の生活を楽しみながら学ぶことができます。

 
常設展示室風景
常設展示室風景
常設展示室風景


  企画展「発掘された日本列島2014」の開催にともなう常設展示室の一部変更について
平成26年7月26日(土)より開催いたします企画展「発掘された日本列島2014 日本発掘」の特設会場として6階常設展示室の一部を使用します。このため、同展の設営期間および展覧会開催期間につきまして、通常の展示が一部変更しております。通常展示の再開は9月27日(土)の予定です。ご理解いただけますようよろしくお願い申しあげます。


常設展示室の見どころ(展示替情報)

  常設展示室では、資料の保存を考慮して、また、最近の調査結果や新収蔵資料を紹介するため、定期的に一部資料の展示替えをおこなっています。最新の展示替え資料の見どころは、次の通りです。

■(江戸ゾーンの見どころ) 2014.7.22 UP
■(東京ゾーンの見どころ) 2014.8.4 UP
   
□■バックナンバー■□
展示替え風景



常設展示室改修に関わる先行工事のお知らせ

  当館5、6階の常設展示室では、平成26年12月1日からの改修工事に先立ちまして、一部コーナーで先行工事をおこなうため、現在、「円タク」「バタン式信号機」等の資料を移動して展示いたしております。 そのため、ホームページや案内パンフレット等の場所表記が、現状と一部異なっております。何卒ご理解頂けますようお願い申し上げます。
常設展示室改修工事の詳細は こちらから


 
移動場所を伝える館内マップ




案内マップ

施設の場所



展示室の構成

【江戸ゾーン】
       
  1.江戸城と町割り
江戸のシンボル日本橋を渡って、寛永期の江戸の世界へ
(日本橋)
(寛永の町人地)
(寛永の大名屋敷)
  2.武士の暮らし
世は天下泰平 戦もなく、サラリーマン化した武士の姿
  江戸城と町割り   武士の暮らし
 

   
  3.町の暮らし
助け合って暮らした長屋
庶民の知恵が息づく生活
(棟割長屋)
  4.出版と情報
貴重な情報源 江戸庶民に愛された出版物の数々

  町の暮らし   出版と情報
 

   
  5.江戸の商業
高級品から日用品まで、上方から届く
”下り物”
(三井越後屋江戸本店)
  6.江戸と結ぶ村と島
江戸の発展にともなう、地廻り経済圏の成立

  江戸の商業   江戸と結ぶ村と島
 

   
  7.江戸の四季と盛り場
四季折々、季節の年中行事を粋に遊ぶ江戸っ子たち
(両国橋西詰)
  8.文化都市江戸
異国との貿易で届く、海外からの珍重品

 

江戸の四季と盛り場

  文化都市江戸
  9.江戸の美
浮世絵や工芸品に見る、江戸の人々の美意識

  10.芝居と遊里
芝居小屋や歌舞伎の華やかな舞台を堪能
(芝居小屋・中村座)
  江戸の美   芝居と遊里




【東京ゾーン】
       
  1.文明開化東京
精工な大型模型で文明開化を体感する
(朝野新聞社)
(鹿鳴館)
(銀座煉瓦街)

  2.開化の背景
文明開化の裏で、昔ながらの暮らしを続ける庶民の姿
  文明開化東京   開化の背景
 

   
  3.産業革命と東京
日清・日露戦争後に急速に発展した東京の産業
 

4.市民文化と娯楽
文化サロンや娯楽施設

多彩に広がる東京文化

(凌雲閣)

  産業革命と東京   市民文化と娯楽
 

   
  5.関東大震災
地震による破滅的な被害
たくましく復興していく都市東京

  6.モダン東京
新しいライフスタイルや価値観
生活に根付きはじめた洋風化
(下町の庶民住宅)
  関東大震災   モダン東京
 

   
  7.空襲と都民
東京を襲った戦禍の悲劇
  8.よみがえる東京
占領下の復興から講和 
高度経済成長の時代へ
(新宿−夜のヤミ市)
  空襲と都民   よみがえる東京




第2企画展示室(5階常設展示室)

  常設展示室内、第2企画展示室では、定期的に様々な企画展、特集展示を開催しております。常設展観覧料でご覧いただけます。
  ■開催中の企画展 ■開催中の特集展示 ■展覧会スケジュール




体験型展示

 
大名の駕籠に乗ってみよう
大名の駕籠に乗ってみよう
(6階江戸ゾーン) 
肥桶をかついでみよう
肥桶をかついでみよう
(5階江戸ゾーン) 
“江戸の華”に触れてみよう
“江戸の華”に触れてみよう
(5階江戸ゾーン) 
       
 
千両箱を持ち上げてみよう
千両箱を持ち上げてみよう
(5階江戸ゾーン) 
リンタクに乗ってみよう
リンタクに乗ってみよう
(5階朝野新聞社前) 
ダルマ自転車に乗ってみよう
ダルマ自転車に乗ってみよう
(5階朝野新聞社前) 
       
 
人力車に乗ってみよう
人力車に乗ってみよう
(5階朝野新聞社前) 


三輪車に乗ってみよう
三輪車に乗ってみよう
(5階朝野新聞社前) 

体験コーナー
体験コーナー
”あのころ”の東京のくらし
(5階常設展示室) 
       
 
自働電話
日本で最初の電話ボックス
自働電話
(5階東京ゾーン) 





動く展示

  展示物が動きます! 間近で模型の動く様子をご覧ください。
  【江戸ゾーン】    
 
三井越後屋江戸本店
三井越後屋江戸本店

歌舞伎の仕掛け(東海道四谷怪談)
歌舞伎の仕掛け(東海道四谷怪談)
       
  【東京ゾーン】    
 
鹿鳴館
鹿鳴館
銀座煉瓦街
銀座煉瓦街
ニコライ堂
ニコライ堂





手でみる展示

  日本橋や中村座、鹿鳴館の縮小模型など、実際に手で触れることのできる資料を置いているコーナーです。 これらを自由に手で触れることによって、目の不自由な方にも常設展示室内の大型模型の形や、展示をお楽しみいただくことができます。
また「職の音」や「近代のしらべ」など音を聞く展示もございます。
※点字解説、点字ガイドブックの無料貸出あり
 詳細はこちら⇒

 
凌雲閣、中村座
凌雲閣、中村座
「浮世絵」 東洲斎写楽画
「浮世絵」 東洲斎写楽画
「職の音」、「近代のしらべ」
「職の音」、「近代のしらべ」




屋外展示(3階江戸東京ひろば)

  浅草寺観音堂大棟鬼瓦、東京市電(都電)4000形電車の台車など、常時ご覧いただけます。
(開館日のみ。入館料不要)
 
浅草寺観音堂大棟鬼瓦
浅草寺観音堂
大棟鬼瓦
汐留遺跡にみる江戸・東京
汐留遺跡にみる
江戸・東京
東京市電4000形電車の台車
東京市電4000形
電車の台車




常設展示室内の催し

  ■ミュージアムトーク ■えどはく寄席  



クイズシート (対象:小学校高学年以上)

  常設展示室がよくわかるシートです。どうぞ学習にお役立てください。
       
  クイズシート(江戸)  
  クイズシート(東京)
  クイズ回答(江戸・東京)



ワークシート

  常設展示室内の模型を見ながら、江戸東京の歴史を学べます。
       
  ワークシート小学生版
  ワークシート小学生版その2
  ワークシート中学生版
  ワークシート高校生版



観光案内パンフレット−江戸東京博物館みどころ案内−

  防災教育、平和学習、環境教育、伝統文化の学習を目的とした見学のポイントを 紹介しています。
     
  江戸東京博物館のみどころ案内
  江戸東京博物館のみどころ案内(防災教育編)
  江戸東京博物館のみどころ案内(環境教育編)


ページトップへ戻る