当館所蔵の蔓梅擬目白蒔絵軸盆(つるうめもどきめじろまきえじくぼん)が国指定重要文化財に指定されました。

2018.03.12その他

 

蔓梅擬目白蒔絵軸盆

 

当館所蔵の蔓梅擬目白蒔絵軸盆(つるうめもどきめじろまきえじくぼん 原羊遊斎 はらようゆうさい作 酒井抱一さかいほういつ下絵)が国指定重要文化財に指定されました。

 

〔解説〕

 絵巻物を載せるための軸盆。江戸琳派えどりんぱの画家・酒井抱一さかいほういつの下絵をもとに、蒔絵師まきえし原羊遊斎はらようゆうさいが蒔絵を施した江戸後期の漆工を代表する優品。長方形の盆の見込みに、対角に蔓梅擬つるうめもどきを配し、蔓に止まる二羽の目白を表し、蔓梅擬の実には赤い珊瑚さんごをあしらった、瀟洒しょうしゃな作品である。

抱一の下絵と盆の依頼主への書簡が伴い、資料的価値も高く貴重な作例であるため、 重要文化財に指定する。(江戸時代) (文化庁 報道発表より)

 

報道発表|文化庁URL:
http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/index.html#month_03