2016.08.11(Thu)〜2016.09.25(Sun)

Feature Exhibition 5F

伊藤晴雨 幽霊画展
(特設コーナー
「幽霊が美しい-スタジオジブリ鈴木敏夫の眼-」開設!)

 古来より日本人は、万物に霊性を求め、「この世のものではないもの」を感じ取ろうとしてきました。それらは、生身の人間を超えた能力や異なる外見を持つものとされ、恐怖や畏怖(いふ)の対象として、さまざまな姿に描かれています。

 伊藤晴雨(せいう)は、明治15年に浅草に生まれ、向島に育ち、本所で奉公人生活を送るうち、芝居小屋に出入りして看板絵描きとなりました。25歳で新聞社に入社し、講談や小説の挿絵、演劇評を担当して評判を得、挿絵画家として認められました。時代考証や風俗研究を行うかたわら、30代半ば頃から責め絵を描くようになると、その名は一気に広まり、昭和36年に78歳で没するまで多様な制作を続けました。

 本展で展示する伊藤晴雨が描いた幽霊画は、落語家五代目柳家小さん(1915-2002)の手元に残された画幅です。山岡鉄舟ゆかりの禅寺で三遊亭圓朝の幽霊画コレクションでも名高い谷中・全生庵(ぜんしょうあん)に寄贈され、五代目柳家小さんコレクションと呼ばれています。歌舞伎や落語でおなじみの怪談の一場面、よく知られた妖怪などが、のびやかな線で描かれており、舞台芸術や演芸界とも関わりの深かった晴雨ならではの作品です。同時に、「この世のものではないもの」を描くことによって成し得た、晴雨の芸術的世界観の現れとも言えるでしょう。

 職業画家として研鑽を積み、多種多様の作品を手がけた伊藤晴雨は、「最後の浮世絵師」と称されることもあります。物語の一瞬を切り取り、時代背景まで忠実に描き出そうとした晴雨。本展では、五代目柳家小さんコレクション幽霊画幅を中心に、緻密な時代考証研究による江戸風俗図などを展示し、その観察眼と筆力に迫ります。

 また、特設コーナー「幽霊が美しい―スタジオジブリ鈴木敏夫の眼―」では、柳家小さんコレクションの複製画を、和室をイメージした空間に展示(三幅ずつ/途中展示替えあり)。スタジオジブリ鈴木プロデューサーによるコメントもお楽しみいただけます。

 

 

 

ささやかな野心

 ....

スタジオジブリ
鈴木 敏夫

 

 

 偶然の出会いだった。去年の夏の出来事。幽霊画を楽しむべく全生庵を訪ねた。それはぼくにとって、ここ数年の夏の恒例行事だった。
 半分、見終わった時のことだ。見慣れない幽霊画が並んでいた。最初に目に入って来たのが、牡丹灯籠(ぼたんとうろう)だった。お露(つゆ)とお米(よね)のふたりが中空に浮かんでいる。志の輔(しのすけ)師匠の牡丹灯籠を聞いたばかりだったことも手伝って、その噺(はなし)と画が重なった。お露が本当に美しい。髪のほつれ毛が、手の品が。子どもの頃の懐かしい、しかし、恐ろしかった思い出。番町皿屋敷のお菊の亡霊も、この上なく美しかった。
 見惚れていると、作者の名前が目に入った。伊藤晴雨。混乱が起きた。ぼくにとって、晴雨は責め絵や縛り絵の達人だった。晴雨が、こんなかよわい美しい画を描くはずがない。葛藤(かっとう)が起きた。同行した友人が、ぼくの葛藤をよそに画を楽しんでいた。そして、友人が素晴らしいと言って、ぼくに見ることを強いたのが吊(つ)り灯籠だった。これ、お盆提灯ですかねえ。構図の大胆さと線の繊細さが相まって、灯籠に映る男の顔が得(え)も言(い)われぬ怖さだった。その日の出来事は、まるで夢のような一日で、強烈な印象をぼくに残した。
 間を置かず、あれは本当に素晴らしい画だったのか気になり、もう一度、全生庵を訪ねた。確信を持った。自分の目に狂いはない。今度は、ぼくにも余裕があった。猫怪談の猫の可愛らしさや地獄の釜の蓋が開く晴雨のユーモラスな一面も楽しむことが出来た。そして、展示の人に尋ねた。図録はありませんか。無かった。すると、その人が教えてくれた。今回が初公開で他にもいろいろあるらしいと。全部の作品を見たいと思った。
 晴雨になぜ、ぼくは心惹(ひ)かれたのか。ひとことで言うと、晴雨の巧みな筆捌き(ふでさばき)に魅了された。真っ白な紙に筆を置いて、すっと書き下ろす。濃い薄い、速いゆっくりは書きながら瞬時に判断する。その思い切りの良さ。見ているだけで、何物にも代え難(かえがた)い快感がある。それは鳥獣戯画の実物を初めて見たときの興奮に似ていた。印刷物だと、微妙に再現できないのがその筆捌きだ。身体中を快感が走る。比べるのもおこがましいが、ぼくにしても、下手を承知で筆を執(と)り書と画を描く。ゆえに、その捌きの見事さに圧倒された。手練(てだれ)でなければ、ああは書けない。
 ぼくの別の友人に昔の画に詳しい男がいたので、晴雨のことを話すと、なんと彼は自分の親戚だと言い出した。なんでも母方の親類筋にあたり、親戚はみな、そのことをひた隠しにしていることも分かった。ぼくがかつて所属した徳間書店の昔の大先輩にも教えられた。貧乏だったらしく、仕事の斡旋(あっせん)を頼むべく、自宅によく顔を出していたと。
 晴雨の描いた絵は、一般には世間の評価は低い。ぼくにしても偏見があった。しかし、今回の展示で公表する晴雨の画は、それらのものと一線を画すと信じて、今回の展示を提案した。晴雨に対する世間の評価を引っ繰(ひく)り返したい。ぼくのささやかな野心だった。
 晴雨の軸は、すべて小さんコレクションの寄贈だと書いてあった。ぼくは、小さん師匠の最期の高座に立ち会っている。紀伊國屋ホールだったと記憶している。小さん師匠が登場して何も語らず、しばらくの間、同じ姿勢のまま座り続けていた。いつ落語が始まるのか、耐え難い間があった。すると、お弟子さんらしき人が登場して、小さん師匠を抱きかかえ奥へと引っ込んだ。師匠が亡くなったのは、その直後のことだった。
 ぼくは、小さん師匠が晴雨に引き合わせてくれた。そう信じている。

 

『伊藤晴雨幽霊画集-柳家小さんコレクション-』より

 

 

開催概要

会期 2016年8月11日(木・祝)~9月25日(日)
会場

東京都江戸東京博物館 常設展示室 5F企画展示室
電話番号:03-3626-9974(代表)

 

・JR 総武線 両国駅西口、徒歩3分・都営地下鉄大江戸線「両国駅(江戸東京博物館前)」A4出口、徒歩1分・都バス:錦 27 ・両 28 ・門 33 系統、墨田区内循環バス「すみだ百景すみまるくん・すみりんちゃん(南部ルート)」
「都営両国駅前(江戸東京博物館前)」下車、徒歩3分

開館時間

午前9時30分~午後5時30分 
土曜日は午後7時30分まで(入館は閉館の30分前まで)

 

◆7/29~9/10 (9/2・9/3は除く)
 の金曜日・土曜日は展示室が午後9時まで開館します。詳細はこちら→

 

休館日 8月22日(月)、8月29日(月)、9月5日(月)
主催

東京都 東京都江戸東京博物館

特別協力 臨済宗 全生庵
企画協力 スタジオジブリ
観覧料金 常設展観覧料でご覧になれます。

観覧料
一般 600円(480円)
大学生・専門学校生 480円(380円)
中学生(都外)・高校生・65歳以上 300円(240円)
中学生(都内)・小学生以下 無料

 

*(  )内は20人以上の団体料金。消費税込。

 

 *次の場合は常設展観覧料が無料です。身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付き添いの方(2名まで)。

 

*毎月第3水曜日(シルバーデー)は、65歳以上の方は常設展観覧料が無料です。年齢を証明できるものをお持ちください。

 

*家族ふれあいの日(8月20日・21日、9月17日・18日)に観覧の、18歳未満の子を同伴する保護者(都内在住)2名の料金が半額となります。

 

*特別展の会期中は、お得な特別展・常設展共通観覧券もございます。(特別展の料金は展覧会ごとに定めます)

 

 

展示構成

1.晴雨の画業

さまざまな肩書きを持ち、舞台芸術や演芸との関わりも深かった晴雨の画業について、出版物や絵画資料で紹介します。

 

 〈主な展示資料〉

 1_1

酉の市帰り
【絹本著色】1935年(昭和10)頃 江戸東京博物館所蔵

 

 1_2

明治時代の寄席
【紙本木版】1958年(昭和33) 江戸東京博物館所蔵

 

 

 2.晴雨の幽霊画

全生庵所蔵の晴雨筆幽霊画(柳家小さんコレクション)全19幅を展示します。

 

〈主な展示資料〉

kkk201606_i2_1
「皿屋敷のお菊」
大正~昭和頃 全生庵所蔵

ki201606_i2_2
「猫の怪談」
大正~昭和頃 全生庵所蔵

 

2-3
「盂蘭盆会の亡者」
大正~昭和初期頃 全生庵所蔵

 

 

 

 3.晴雨の眼

晴雨の行った江戸時代考証や風俗研究について、出版物と日本画資料で紹介します。

 

〈主な展示資料〉

 3-1

『いろは引 江戸と東京風俗野史 巻の三』より
1929年(昭和4) 江戸東京博物館所蔵

 

 3-2

『いろは引 江戸と東京風俗野史 巻の四』より
1930年(昭和5) 江戸東京博物館所蔵

 

 ki201606_i3-1

維新前四季往来之図屏風 1957年(昭和32)  
江戸東京博物館所蔵

 

 特設コーナー
「幽霊が美しい-スタジオジブリ鈴木敏夫の眼-」

 

nigaoe_

 ..

 柳家小さんコレクションの複製画を和室を、イメージした空間に展示(三幅ずつ/途中展示替えあり)。
スタジオジブリ鈴木敏夫プロデューサーによるコメントを紹介します。

 

 

関連事業

①ミュージアムトーク(企画展「伊藤晴雨 幽霊画展」みどころ)

 学芸員による展示解説です。お気軽にご参加ください。

 【日時】8月19日(金)・9月2日(金) 午後4時~(30分程度)
 【集合場所】常設展示室5階 日本橋下・朝野新聞社前

 

②ひまわり寄席「怪談の夕べ」

 【日時】8月13日(土)、20日(土)、27日(土)午後6時30分~7時15分 
 【場所】常設展示室5階 中村座
 ※講談による怪談です。出演者・演目は こちら→