연간 스케줄

연간 스케줄

전람회개요

  • 특별전

    ※ホール等改修工事に伴い、特別展示室は平成30年度(2018年4月~2019年3月)休室いたします。次回の特別展は平成31年(2019)4月以降を予定しております。

  • 기획전

    2018.06.02(Sat)〜07.22(Sun)

    発掘された日本列島2018 地域展「東京郷土資料陳列館と考古学」

     1934年(昭和9)11月に開園した有栖川宮記念公園内に、東京市による「東京郷土資料陳列館」(以下、「陳列館」)が同時開館しました。東京における公立歴史博物館のルーツともいえる「陳列館」は年中無休、入場無料で、主に公園利用者と東京市内の小学生が来館しました。 本展では、江戸東京博物館のルーツでもある陳列館を紹介し、当時の調査で収集された考古資料、初代学芸員片倉(かたくら)信光(のぶみつ)の活動、片倉が収集したと思われる考古模型標本(土偶、埴輪、須恵器等)などに着目して、当時の東京市における博物館活動と考古資料展示の一端を探ります。

    더 보기

    2018.06.02(Sat)〜07.22(Sun)

    発掘された日本列島2018 新発見考古速報

     全国で毎年8,000件近い発掘調査が実施されていますが、その成果に実際に触れる機会は極めて限られています。そこで、近年、とくに注目された出土品を中心とした展示を構成し、全国を巡回させることにより、多くの方が埋蔵文化財に親しみ、その保護の重要性に関する理解を深める機会となる展覧会を開催します。

     今年度は、特集として文様や彩色が施された装飾古墳の調査・保護についてもご紹介します

    더 보기

    2018.08.07(Tue)〜10.08(Mon)

    도쿄 150년

    1868年(慶応4)7月17日、江戸を東京と改める詔書が発せられ、東京府が設置されました。この時誕生した「東京」は、今年で150年の節目を迎えます。維新の混乱の中からスタートした東京の街は、震災や戦災などによって幾度となく傷つきながらも、そこに暮らす多くの人々の尽力によって復興を遂げ、首都として発展を続けました。
     本展では、東京という都市がどのような姿で始まり、そして150年の間にどのように変化をしていったのかを、写真や映像、そしてそれぞれの時代に製作された地図などから展観します。また、首都としてのふさわしい姿と機能を求め、幾度も立案されながら完全な実施にはいたらなかった過去の都市計画にも着目し、そこに描かれた「幻の」東京についても紹介していきます。

    더 보기