2016.08.11(Thu)〜2016.09.25(Sun)

企划展 5F

山岡鉄舟と江戸無血開城

 徳川幕府が置かれた江戸は、18世紀初頭に推定で100万の人口を抱えた世界有数の巨大都市でした。明治新政府はその都市基盤を引き継ぎ、江戸を新たな都・東京としました。このような江戸から東京への円滑な移行は、「江戸無血開城」といわれるように、江戸が戦禍を免れたことによって可能になりました。

 この江戸無血開城に大きな役割を果たしたのが、山岡鉄舟でした。鳥羽・伏見の戦いに敗れて江戸に戻った前将軍・徳川慶喜の護衛にあたっていた鉄舟は、江戸に迫り来る新政府軍との交渉役を慶喜から依頼されます。そして、新政府軍参謀の西郷隆盛と駿府で会談し、徳川家の処遇や戦闘回避の条件について協議を行いました。江戸無血開城といえば、勝海舟と西郷隆盛の江戸での談判が有名ですが、鉄舟もまた、その実現に深く関わっていたのです。

 本展では、山岡鉄舟の生誕180年を記念して、その生涯に注目しながら、幕末・維新史のハイライトである江戸無血開城を振り返ります。

開催概要

会期 2016年8月11日(木・祝)~9月25日(日)
会場

東京都江戸東京博物館 常設展示室内 5F企画展示室
電話番号:03-3626-9974(代表)

 

・JR 総武線 両国駅西口、徒歩3分・都営地下鉄大江戸線「両国駅(江戸東京博物館前)」A4出口、徒歩1分・都バス:錦 27 ・両 28 ・門 33 系統、墨田区内循環バス「すみだ百景すみまるくん・すみりんちゃん(南部ルート)」
「都営両国駅前(江戸東京博物館前)」下車、徒歩3分

開館時間

午前9時30分~午後5時30分 
土曜日は午後7時30分まで(入館は閉館の30分前まで)

 

◆7/29~9/10 (9/2・9/3は除く)
 の金曜日・土曜日は展示室が午後9時まで開館します。詳細はこちら→

 

休館日 8月22日(月)、8月29日(月)、9月5日(月)
主催 東京都 東京都江戸東京博物館
特別協力 臨済宗 全生庵
観覧料金 常設展観覧料でご覧になれます。

観覧料
一般 600円(480円)
大学生・専門学校生 480円(380円)
中学生(都外)・高校生・65歳以上 300円(240円)
中学生(都内)・小学生以下 無料

 

*(  )内は20人以上の団体料金。消費税込。

 

 *次の場合は常設展観覧料が無料です。身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付き添いの方(2名まで)。

 

*毎月第3水曜日(シルバーデー)は、65歳以上の方は常設展観覧料が無料です。年齢を証明できるものをお持ちください。

 

*家族ふれあいの日(8月20日・21日、9月17日・18日)に観覧の、18歳未満の子を同伴する保護者(都内在住)2名の料金が半額となります。

 

*特別展の会期中は、お得な特別展・常設展共通観覧券もございます。(特別展の料金は展覧会ごとに定めます)

 

 

展示構成

1.天保期の江戸

 山岡鉄舟が生まれた天保という時代は、「内憂外患」という言葉で表現されるように、国内外の危機が深まりをみせていた。本展のはじめに、瓦版・刷物などから、鉄舟が生まれた天保期の江戸の世相を振り返る。

 

 2.山岡鉄舟の生い立ちと活動

 天保7年(1836)、山岡鉄舟は旗本・小野朝右衛門の子として生まれた。ここでは、その生い立ちから、山岡家の養子となり、尊攘思想に共鳴していく、少年~青年期のあゆみを紹介する。

 

〈主な展示資料〉

yamaoka1
尊攘遺墨 全生庵所蔵

 

.江戸無血開城と徳川家の駿府移封

 慶応4年(1868)年3月、前将軍・徳川慶喜の身辺警護にあたっていた鉄舟は、新政府軍との交渉役を慶喜から委ねられた。ここでは、江戸無血開城から徳川家の駿府移封に至るまでの鉄舟の動向をたどる。

 

〈主な展示資料〉

yamaoka2
「慶応戊辰三月駿府大総督府ニ於テ西郷隆盛氏ト談判筆記」
全生庵所蔵

 

 yamaoka3
鉄舟胴乱 全生庵所蔵

 

 4.明治の山岡鉄舟

 明治5年(1872)から、鉄舟は宮内省に出仕し、明治天皇の側近に仕えるようになる。また、公務のかたわら、書家・剣術家としても大きな足跡を残した。本展の最後に、江戸無血開城が実現した後の時代の鉄舟について、明治天皇との関わりや、書家・剣術家としての側面から紹介する。

 

〈主な展示資料〉

yamaoka4
御紋付銀盃(明治天皇下賜)
全生庵所蔵

 

 yamaoka5
鉄舟最後の稽古着
全生庵所蔵

 

 yamaoka6
開基鉄舟居士肖像
全生庵所蔵

 

関連事業

■ミュージアムトーク

(企画展「山岡鉄舟と江戸無血開城」展みどころ)

 学芸員による展示解説です。お気軽にご参加ください。

 【日時】8月12日(金)・8月26日(金) 午後4時~(30分程度)
 【集合場所】常設展示室5階 日本橋下・朝野新聞社前