企画展 5F

2008年11月22日(土)〜12月21日(日)

市民からのおくりもの展-平成19年度収集新収蔵品から-

市民からのおくりもの展-平成19年度収集新収蔵品から-

「当時全盛美人揃 若松屋内若鶴」 喜多川歌麿/画  1794年(寛政6)頃
「当時全盛美人揃 若松屋内若鶴」
喜多川歌麿/画
1794年(寛政6)頃

 江戸東京博物館の資料の収集は、平成5年の開館以前から現在まで続いています。そのなかで大きな比重を占めるのが、一般の方々からの寄贈と、購入による受入れです。毎年開催されている「市民からのおくりもの」展は、新たに収蔵された資料をご紹介するもので、今回は平成19年度の1年間に収集された主な資料約300点を展示します。
昨年度は、総点数3184点を収蔵し、うち寄贈点数は2523点、47名の方々にご寄贈いただきました。また購入した資料は661点でした。

 それらの資料は、学芸員が資料の来歴等を調査し、江戸博で活かすことができると判断し収集したものです。この中には貴重な古文書や工芸品、美術品、戦時中や戦後を物語るさまざまな資料があります。それぞれ江戸東京の歴史的背景と価値をもち、また資料を所蔵していた方々の生活の歴史、思いが込められています。

 この企画展をつうじて、ご寄贈いただいた方々への謝意を表すとともに、博物館にとって重要な活動である資料収集について、皆様のご理解をひろげることができれば幸いです。

開催概要

会期 平成20年11月22日(土)~12月21日(日)
休館日 11月25日(火) 、12月1日(月) 、12月8日(月) 、12月15日(月) 
※11月24日(月)は開館日です。
開館時間 9時30分~ 17時30分(入館は閉館の 30分前まで、土曜日は 19時30分まで)
会場 東京都江戸東京博物館 常設展示室5階 第2企画展示室
常設展
観覧料

※常設展観覧料でご覧になれます。

一般 600円(480円)
大学・専門学校生 480円(380円)
中学生(都外)・高校生・65歳以上 300円(240円)
小学生・中学生(都内) 無料

※(  )内は 20 人以上の団体料金。いずれも消費税込み。

※次の場合は常設展観覧料が無料です。
未就学児童。身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・
被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付き添いの方(2名まで)。

※特別展の会期中は、お得な特別展・常設展共通観覧券もございます。

主催 東京都 東京都江戸東京博物館

関連事業

ミュージアムトーク

市民からのおくりもの展の展示解説をします

日時 12月5日(金)、12月12日(金) 午後4時より30分程度
会場 常設展示室5階 日本橋下にお集まりください。
「江戸城大手門の通行鑑札」1867年(慶応3) (江戸の御用菓子商・金沢丹後関係資料)
「江戸城大手門の通行鑑札」1867年(慶応3)
(江戸の御用菓子商・金沢丹後関係資料)
「女学生の慰問文と慰問袋」 1943年(昭和18)
「女学生の慰問文と慰問袋」
1943年(昭和18)
「紺綸子地松竹梅鶴模様振袖」 江戸時代後期
「紺綸子地松竹梅鶴模様振袖」
江戸時代後期
「東京オリンピック日本代表選手用公式ブレザー」 1964年(昭和39)
「東京オリンピック日本代表選手用公式ブレザー」
1964年(昭和39)