企画展 5F

2007年06月05日(火)〜07月15日(日)

発掘された日本列島2007 新発見考古速報展

発掘された日本列島2007 新発見考古速報展

東京都江戸東京博物館(東京・両国)では、2007年6月5日(火)から7月15日(日)まで、「発掘された日本列島2007-新発見考古速報展-」を開催いたします。

昨年も日本では8,000件をこえる発掘調査が各地で行われました。その中でも特に注目される51遺跡、約470点の出土品を一堂に展示いたします。 各地・各時代の貴重な遺跡展示の他、本年は「発掘されたアクセサリー」と題したテーマ展示を行います。かつてアクセサリーは身を飾るだけでなく、権力者の象徴でもありました。縄文時代から江戸時代まで、さまざまなアクセサリーをお楽しみください。また本展は全国を巡回いたしますが、皮切りとなる江戸東京博物館会場のみで行われる地域展示として、「発掘された武蔵国府-古代地方都市のすがた-」(府中市・武蔵国府関連遺跡)を行います。

なお本年は、「発掘された日本列島2007-新発見考古速報展-」を常設展示室内で開催いたします。小学生・都内在住・在学の中学生は無料でご覧いただけるようになりました。ぜひご家族連れ、学校見学でお出かけください。

開催概要

開催期間 平成19年6月5日(火)~7月15日(日)
会場 江戸東京博物館常設展示室5階
休館日 毎週月曜日
開館時間 9時30分~17時30分(土曜は19時30分まで。入館は閉館の30分前まで。)
観覧料金 常設展観覧料でご覧になれます。
主催 文化庁、財団法人東京都歴史文化財団 東京都江戸東京博物館
共催 全国公立埋蔵文化財センター連絡協議会、全国埋蔵文化財法人連絡協議会
事務局 財団法人 茨城県教育財団
特別協力 朝日新聞社
協力 インターネットミュージアム事務局
後援 NHK
協賛 (株)ジャパン通信情報センター、(株)東都文化財保存研究所
出品点数 約470点
新発見考古速報展ガイドホームページ

http://www.museum.or.jp/kouko2007/

主な展示資料と解説

水晶製尖頭器
水晶製尖頭器
全国的にも珍しい水晶だけを
使った大規模な
石器製作遺跡。
これは珍しい 水晶ばかりを使った
石器制作跡。
茨城県笠間市・小組遺跡
(約1,4000年前)
木製容器と編みかご
木製容器と編みかご
木製品や装身具からも
縄文時代早期
の高度な技術が窺える。
地下5mから列島最古の
大規模貝塚。
木製品と編みかごも最古
佐賀県佐賀市・東名遺跡
(約7,000年前)
手形・足形付土製品
手形・足形付土製品
北海道・東北北部だけの
縄文時代土製品。
最新例が墓から出土。
赤ちゃんの手形・足形が
ついた土製品
子を慈しむ親心
北海道恵庭市・柏木川4遺跡
(約2,500年前)
銅鐸
銅鐸
山中への埋納が多い銅鐸が
浜辺の砂丘から出土。
銅鐸埋納に一石を投じる事例。
浜辺に埋められた銅鐸 なぜここに
兵庫県神戸市・北青木遺跡
(約2,000~1,900年前)

人物埴輪
人物埴輪
人物・馬・家などの埴輪群。九十九里で

作られ東京湾岸にもたらされる。
九十九里のあご髭人物埴輪
東京湾に現る
千葉県千葉市・人形塚古墳
(約1,400年前)

 

勘籍(かんじゃく)木簡
勘籍(かんじゃく)木簡
人物照会の実態を示す木簡。
正倉院文書以外では初めて。
平安京人事課からの人物照会
官人採用前のチェック
徳島県徳島市・観音寺遺跡
(約1,250年前)
六角木幢
六角木幢
平安末期の末法思想の中で
救いを求めるために
作られた仏塔。
極楽浄土の道しるべ
国内初の木製仏塔
高さはなんと1.8m
長野県千曲市・社宮司遺跡
(約850年前)

刻印のある割石
刻印のある割石
幕府の命令を受けた西国の
外様大名たちの
印が刻まれる。
江戸城石垣はここから切り出された。
作業の様子生々しく。
神奈川県小田原市・早川石丁場群
関白沢支群(約400年前)

盾持ち人(たてもちびと)埴輪
盾持ち人(たてもちびと)埴輪
目元に魔除けの入れ墨。
墓に葬られた主人を守る埴輪。
なんやねんコレ?
墓を守った入れ墨の武人
京都府亀岡市・時塚1号墳
(約1,500年前)

関連事業

講演会「列島展ここが見どころ」

講師 文化庁文化財調査官
日付 平成19年6月10日(日)
開始時間 13:00~15:00
集合場所 1階学習室1
参加費 無料 先着30名

ギャラリートーク

講師 文化庁文化財調査官
日付 会期中の毎週土日
開始時間 13:00と15:00の1日2回(各30分程度)
集合場所 展示室内 参加自由

地域展示 「発掘された武蔵国府-古代地方都市のすがた-」

「武蔵国府関連遺跡」(府中市)の武蔵国府とは現在の東京都・埼玉県・神奈川県の一部を含む武蔵国(むさしのくに)の役所(国府)のことです。この遺跡は、東西 6.5kmという広大な範囲として登録し、これまでに1,400か所もの地点で発掘調査を実施してきました。古代地方都市の姿と人々の営みを24件約150点の資料にて紹介いたします。

【開催概要】

主催 財団法人東京都歴史文化財団 東京都江戸東京博物館
共催 府中市教育委員会 (財)府中文化振興財団 府中市郷土の森博物館
展示構成 1 国府とは何か ・・墨書土器「国」、腰帯の飾り
2 国府の中枢-国庁と国衙 ・・郡名瓦、郡名磚
3 国府-マチの広がり ・・墨書土器「大目舘」、墨書土器「市」、緑釉陶器
4 「鄙に都あり」 ・・中国製の磁器、銅鋺、墨書土器「京」

【主な展示品】

腰帯の装飾と復元品
腰帯の装飾と復元品
役人たちが身に付けたベルトの飾り。
150点以上も出土。
陰刻花紋緑釉陶器
陰刻花紋緑釉陶器
東海地方で作られた緑色の釉薬が掛けられた陶器