平成30年6月〈江戸ゾーン〉の展示替えをおこないました!

2018.06.26展覧会・常設展

6月展示替情報 江戸ゾーン

常設展示室(5階)で展示替を行い、6月26日(火)から新たな資料を展示しています。

その中から主な資料を紹介します。

 

 

(1)

1

 

震字軍配団扇しんじぐんばいうちわ

Battle fan with the character for “tremble”  
(Handed down in the Satake family)

 

展示コーナー:E1 江戸城と町割り 武家の文化

展示期間:2018年(平成30)6月26日(火)~同年7月22日(日)

1590年(天正18)

 本資料の箱書きに1590年(天正18)の小田原攻めに際して、佐竹義宣が豊臣秀吉の許に参陣し、その折りに拝領したと記載されています。

拝謁はいえつの後、佐竹義宣は命により豊臣軍の一員として、北条氏の重要拠点である鉢形城(現埼玉県寄居町)攻めに向かいました。本軍配団扇の下賜は、この出陣命令と関連するものとも考えられます。

 

 

(2)

 

2_700

 

東都両国橋とうとりょうごくばし 夕涼図ゆうすずみのず

           ryogoku_bashi

 

展示コーナー:E6 江戸の四季と盛り場 江戸の四季

 展示期間:2018年(平成30)6月26日(火)~同年7月22日(日)

 渓斎英泉/画 蔦屋吉蔵/版 1818~30年(文政期)

 

  夕涼みの花火見物で賑わう両国橋周辺。豪華な屋形船の周囲に、西瓜を売るウロウロ舟、笛と太鼓で盛り上げるお囃子舟が近寄ります。その他いくつもの舟で川面が見えないほど込み合い、橋の上も群集があふれています。

 

 

(3)

3

 

 「印籠時計いんろうどけい

 Clock portable

 

 展示コーナー:E7 文化都市江戸 江戸の文化交流

 展示期間:2018年(平成30)6月26日(火)~同年9月24日(日)

  江戸時代末期

 

  印籠は昔の薬入れの容器で、腰に提げて携帯しました。この印籠時計は懐中時計の一種で、中に入れる薬のかわりに機械時計を嵌め込んだもの。動力はぜんまいで、時打ち装置もついています。

 

 

 img_floor-guide04_1img_floor-guide3_5