えどはくカルチャー

2017年06月22日(木) 14:00〜15:30

【カルチャー】黄表紙挿絵の世界(全3回)

江戸と東京を学ぶ   

 

 江戸時代中頃に誕生した黄表紙は、挿絵の余白にテキストを書く形式による軽い読み物として、多くの読者に親しまれていました。挿絵を手がけた絵師としては鳥居清長、勝川春朗こと後の葛飾北斎、喜多川歌麿、歌川豊国といった名だたる浮世絵師が名を連ね、その画面は錦絵とは一味違う魅力にあふれています。本講座ではこうした黄表紙挿絵に多彩な角度から光を当て、その楽しみ方をお伝えします。

 

 cu2017s_3
『枯樹花大悲利益』山東京伝作 歌川豊国画 鶴屋喜右衛門版 1802年(享和2)館蔵

 

日時 4月20日(木)・5月25日(木)・6月22日(木) 全3回
14:00~15:30 
※1回ごとのお申込みも可能です。
講師 鶴岡 明美(昭和女子大学准教授)
講座コード 8
定員 200名
会場 1階ホール
受講料

2,400円(2,000円)

申込締切

4月10日(月) 受付終了しました

       ※当日受付可能

 

 ◎( )内は江戸東京博物館・江戸東京たてもの園友の会、ボランティアに所属の方対象の受講料となります。

 

 

<参加・お申込方法>

往復はがきに①希望講座名・講座コード(間違いを防ぐために、必ず両方お書き下さい)②氏名(ふりがな)③郵便番号・住所④電話番号⑤年齢⑥江戸博・江戸東京たてもの園友の会・ボランティアへの所属(友の会の方は有効期限もご記入ください)⑦来期講座のパンフレット送付希望の有無をご記入の上、下記までお送りください。

申込締切日消印有効です。1枚の往復はがきにて1講座か1セット・1名様までの応募とさせていただきます(1名様につき1通のみ有効です)。また講座当日、受付でのセット・単独受講の変更はできません。講座前日までに必ずご連絡ください。

※ご欠席のご連絡は当日もお受けいたします。料金のお支払方法は返信はがきでご案内いたします。応募者多数の場合は抽選となります。

※文面が消えてしまう恐れがありますので、「消せるボールペン」での記載はご遠慮ください。
※2017年6月1日より、はがきの料金が改定となります。ご応募の際のはがき、および切手の料金にご注意ください。

 

宛先:〒130-0015

東京都墨田区横網1-4-1

江戸東京博物館 えどはくカルチャー係

 

<注意事項>

講師の病気その他やむをえない事情により、講師の変更、講座を延期または中止することがあります。緊急の連絡をすることがありますので、お申し込み後、住所・電話番号の変更があった場合には、ご連絡ください。

 

<個人情報の取り扱いについて>

はがきにご記入いただきました個人情報に関しましては、公益財団法人東京都歴史文化財団のプライバシーポリシーにもとづき慎重に管理し、江戸東京博物館の活動に関するご案内、希望された方への来期講座のパンフレットの送付にのみ使用させていただきます。個人情報の削除、パンフレット送付停止のご請求は、えどはくカルチャー係までお申し出ください。

ご連絡先 03-3626-9974(代表)