2003.07.19(Sat)〜2003.08.31(Sun)

Special Exhibition 1F

徳川将軍家展

徳川将軍家展

ki_7-19_ti

 徳川家康が江戸に幕府を開いた1603年(慶長8)から数えて400年の今年、将軍家に伝来した貴重な資料を中心とした展覧会「徳川将軍家展」を開催いたします。
 江戸時代265年間の平和をつくりだした徳川将軍家の名前は、日本国内はもとより、shogunとして 諸外国へも広く普及しています。しかし私たちの徳川将軍家に対するイメ-ジはテレビ・小説などによって作り上げられたものが少なくありません。これに対し て本展覧会は徳川家伝来の資料により将軍家の歴史を紹介する初めての試みです。
今回の展覧会では、徳川家康から15代将軍慶喜までの歴代将軍、皇女和宮を中心とする御台所など、徳川将軍家の人々による直筆の書画や遺愛品を中心に展示 します。これらに加えて明治以降の16代家達と17代家正の公爵二代に関する資料を交えながら、徳川宗家400年の歴史を紹介する一大歴史展となります。

開催概要

会期 平成15年7月19日(土)~8月31日(日)
会場 江戸東京博物館 1階 企画展示室
休館日 毎週月曜日 ※ただし7月21日(月)は開館。翌22日(火)が休館。
主催 (財)東京都歴史文化財団 、江戸東京博物館、NHK、NHKプロモーション
特別協力 財団法人徳川記念財団
料金
「徳川将軍家展」観覧券 常設展との共通券
一般 900円(720円) 1200円(960円)
大学生・専門学校生 720円(570円) 960円(760円)
小・中学生(都内) 450円(360円) なし
中学生(都外)・高校生
65歳以上
450円(360円) 600円(480円)

*( )内は20名以上の団体料金。
*次の場合は本展覧会の観覧料が無料になります。
・未就学児童
・身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付添の方
*小学生と都内在住・在学の中学生は、常設展観覧料は無料ですので、共通券はありません。

展示構成とおもな展示資料

一.徳川家康 -将軍家にとっての家康像-

戦国の世を卓越した才覚で勝ち抜き、江戸に幕府を開いた家康は、2代秀忠、3代家光・・・と時代が泰平になるとともに、神格化されていきます。第1章では、歴代将軍のなかでも格別の扱いをうけた家康所用の太刀や具足、後生の将軍が思い描いた家康像などを紹介します。

 

二.歴代将軍 -二代秀忠から十五代慶喜-

ここでは、2代将軍秀忠から15代慶喜までの歴代将軍の肖像、将軍自筆の書画の数々を展示します。なかでも歴代将軍の肖像が、一堂に展示されるの は、今回が初めてです。また将軍継嗣となりながらも、病により急逝したため、幻の将軍ともいわれている徳川家基の肖像などみどころ多数です。

 

三.大奥女人 -将軍家ゆかりの女性-

江戸城の大奥は、多くの人々にとって未知の世界でした。大奥につとめる御殿女中に、そこでの経験を他言しないという不文律が存在したからともいわ れています。ここでは、徳川家の女性たちの画像や遺愛の品を集めて紹介します。なかでもいままで知られていなかった皇女和宮の肖像写真などは必見です。

 

四.公爵二代 -明治以降の徳川宗家二代-

大政奉還により将軍の座から一大名へ、その後知藩事を経て公爵に列した、明治以降の徳川宗家の事績をとりあげます。貴族院議長を30年余り勤めた16代家達、また最後の貴族院議長・17代家正、このふたりを中心に、明治以降の徳川家の歴史を検証します。

資料写真

ki_7-19_1

「東照大権現像」
寛永18年(1641)2月17日
狩野探幽/筆 徳川記念財団蔵
3代将軍徳川家光が、夢に見た家康(これを霊夢という)を、幕府お抱え絵師の狩野探幽に描かせたもののひとつ。徳川家の人々にとって、家康は死後も憧憬の的であり続けた。

 

 

ki_7-19_2

「旅櫛箱村梨子地葉菊紋散蒔絵」
和宮(静寛院宮)所用 江戸時代/19世紀
徳川記念財団蔵
旅先で必要な最小限の用具類が、効率よく収納された携帯用の化粧箱。皇女和宮の婚礼調度品としてつくられたもの。

 

 

ki_7-19_3

「肩衝茶入(かたつきちゃいれ) 銘 初花」
南宋-元時代/13-14世紀
徳川記念財団蔵
唐物肩衝の白眉として珍重された大名物。銘の「初花」は室町幕府8代将軍足利義政の命名と伝えられる。織田信長、徳川家康、豊臣秀吉、宇喜多秀家などの 所有を経て、関ヶ原の戦い後に家康へ献じられた。大坂夏の陣の戦功によって松平忠直に与えられたと考えられ、その死後、3度徳川将軍家に献上、代々伝えら れた。

関連事業

1.講演会「徳川時代と現代」

講師 徳川恒孝(徳川宗家18代当主)
日時 平成15年8月9日(土)14:00(開場13:30)
会場 江戸東京博物館 1階ホール
入場料 500円

〔申し込み方法〕
当日先着順で400名様
当日13:00よりホール前にて整理券を配布します。

 

 

2.夏期ミュージアムセミナー

(1)「徳川将軍家展の魅力」
講師 市川 寛明(江戸東京博物館 学芸員)
日時 7月25日(金)14:00~(開場13:30)

 

(2)「徳川将軍家」
講師 近松 鴻二(江戸東京博物館 学芸員)
日時 8月1日(金) 14:00~(開場13:30)

 

(3)「御台所と側室」
講師 松尾 美恵子(江戸東京博物館 研究員)
日時 8月8日(金) 14:00~(開場13:30)

 

(4)「描かれた将軍」
講師 小澤 弘(江戸東京博物館 研究員)
日時 8月15日(金) 14:00~(開場13:30)

 

(5)「将軍家治と田沼意次」
講師 竹内 誠(江戸東京博物館 館長)
日時 8月22日(金) 14:00~(開場13:30)

 

3.鷹狩り

江戸幕府の鷹匠だった諏訪流17代の田籠善治郎による鷹狩りの実演を行います。

解説 橋口 尚武
日時 平成15年7月26日(土) 14:00~
会場 江戸東京博物館3階 江戸東京ひろば 他