2004.06.01(Tue)〜2004.07.07(Wed)

Special Exhibition 1F

発掘された日本列島2004-新発見考古速報展-

発掘された日本列島2004-新発見考古速報展-

東京都江戸東京博物館(東京・両国)では、2004年6月1日(火)から7月7日(水)まで、「発掘された日本列島2004-新発見考古速報展-」を開催いたします。 近年日本全国で発掘された話題の考古資料を、他に先駆けて江戸東京博物館にて公開いたします。豊富な副葬品も注目される有力首長墓の安徳台遺跡(福岡県)の巨大甕棺墓、琉球中山王朝の浦添ようどれ遺跡(沖縄県)の墓所遺物群、「大坂冬の陣」(1631年)を伝える大坂城跡(大阪府)などの出土資料を一同に展示いたします。 さらに、本展覧会がはじまってから10年目を迎える今年は、縄文ブームを引き起こした三内丸山遺跡(青森県)や、江戸大名屋敷と新橋停車場の大量の遺物が出土した汐留遺跡(東京都)など、これまでの集大成として特に注目された遺跡をふりかえり、その後の成果も報告いたします。 考古ファンならずとも必見の展覧会です。

開催概要

開催期間 平成16年6月1日(火)~7月7日(水) 計32日間
会場 東京都江戸東京博物館 1階 企画展示室
休館日 毎週月曜日
開館時間 9時30分~17時30分(木曜・金曜は20時まで。入館は閉館の30分前まで。)
出品点数 約800点(35遺跡)
主催 文化庁、(財)東京都歴史文化財団、東京都江戸東京博物館
共催 全国公立埋蔵文化財センター連絡協議会、全国埋蔵文化財法人連絡協議会
事務局 (財)群馬県埋蔵文化財調査事業団
特別協力 朝日新聞社
協力 インターネットミュージアム事務局
後援 NHK
協賛 (株)ジャパン通信情報センター (株)東都文化財保存研究所
観覧料金
企画展専用観覧券 常設展との共通券
一般 500円(400円) 880円(700円)
大学生・専門学校生 400円(320円) 700円(560円)
中学生(都外)・高校生
65才以上
250円(200円) 440円(350円)
小・中学生(都内) 250円(200円) なし

*( )内は20名以上の団体料金。
*次の場合は本展覧会の観覧料が無料になります。
●未就学児童 ●身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添の方
*小学生と都内在住・在学の中学生は、常設展観覧料は無料ですので、 共通券はありません。

主な展示資料

《異形台付土器》
《異形台付土器》
縄文時代後期、井野長割遺跡

 

《金箔押し瓦》
《金箔押し瓦》
安土桃山時代~江戸時代初期(約390年前)
大坂城遺跡

 

2003年に第7回、第8回の調査が行なわれ、直径160メートルの環状盛土の発掘がすすむ井野長割遺跡の土器。環状盛土とは、人工的につくられたドーナツ状に盛り上げた小さな山。縄文時代にも大規模な土木工事が行なわれていた。 特殊な形から「異形台付土器」という名がついたこの土器は祭祀や儀礼との関連が考えられ、どうしてこのような環状盛土がつくられたかを解明する手がかりとなる。

昨年12月、大坂城遺跡では、慶長19年(1614)の「冬の陣」後に埋められた堀跡と遺物が多量に出土した。 これまではっきりとしなかった大坂城三の丸の位置も判明し、堀の底に埋め立て用の道をもうけて一気に埋め戻された様子がわかる。 写真の金箔瓦は、豊臣期の大坂城を飾っていたもの。金箔の残りが極めて良質である。

 

 

 

 

《埴輪群》
《埴輪群》
古墳時代、中原Ⅱ遺跡

《石器接合資料》
《石器接合資料》
旧石器時代、早坂平遺跡出土
中原Ⅱ遺跡の円墳の横穴式石室入口から出土した埴輪。約1500年前の古墳時代のもの。すべて樹立した状態で発見された。 馬形埴輪は、背中の鞍、馬にのる人が足を踏みかける鐙、革ひもなどの細部や、装飾文様にも注目される。 馬形埴輪は高さ102.8センチ。人物埴輪も一番大きなものは、83.2センチにも及ぶ。

 

 

 

 

早坂平遺跡は、後期旧石器時代後半(約2万年前)に石刃が大量に生産された石器製作工房跡地。昨年度までの発掘調査により、遺跡の全体像が次第に明らかになってきた。
写真は、石刃・剥片26点と石刃核1点が接合した資料。泥が固まり石化した黒色頁岩が素材で、石刃を剥離する際に、打撃する打面を上下に変えながら連続的に石刃が生産されたもの。
この石刃から当時の人びとがナイフ型石器など様々な石器を作って生活していたことがわかる。

 

 

 

《和鏡》
《和鏡》
平安時代後期~室町時代、
阿豆佐和気命神社遺跡

 

 

 

 

 

 

《巨大甕棺墓》
《巨大甕棺墓》
弥生時代中期、
安徳台遺跡群

阿豆佐和け気命神社=延喜式神名帳に名を残す式内社=境域の発掘調査で出土した和鏡。これによって伊豆諸島において鏡を用いた祭祀が中世まで続けられていたことが判明した。本遺跡は、利島がどのように位置付けられたかを解明する中世祭祀遺跡として高く評価されている。

 

 

 

 

 

2003年5月、弥生時代中期後半で全国最大級の円形住居跡(竪穴住居)が見つかった「安徳台遺跡群」で、首長とみられる人物の甕棺墓が発見された。同遺跡群は『魏志倭人伝』に記され、この発見は福岡平野で栄えた奴国の中でかなり有力な拠点集落の首長の墓で、奴国解明の大きな手がかりになるといわれる。巨大な二基の甕棺からは、髪飾りに使われていたとみられるさいかん塞杆状ガラス製品が頭骨近くに2本ずつあり、男性人骨があった甕棺からは権威の象徴とされるゴホウラ貝輪43点が右腕の骨にはめられた状態で見つかった。

関連事業

1.泥めんこづくり

開催日 6月12日(土)・13日(日)・19日(土)・20日(日)・26日(土)
・27日(日) 7月3日(土)・4日(日)
時間 10:00-16:30ごろまで
場所 企画展示室出口付近
料金 1人200円
対象 一般、子ども
申込方法 当日先着順
所要時間 15分~20分