2007.03.20(Tue)〜2007.06.17(Sun)

Special Exhibition 1F

ロシア皇帝の至宝展~世界遺産クレムリンの奇跡~

ロシア皇帝の至宝展~世界遺産クレムリンの奇跡~

クレムリン外観 ©Overchenko Valentin

クレムリン外観
©Overchenko Valentin

モスクワ・クレムリンは、15世紀末から今日までロシアの政治・文 化の中心地として栄えてきました。モスクワ川とネグリンナヤ川に囲まれ全長2,235mのクレムリン(=城壁)のなかの28万㎡の敷地内には、クレムリン 大宮殿をはじめ、クレムリン博物館、 5つの聖堂や鐘楼、ロシア正教の総主教の宮殿などがあります。
なかでも1806年アレクサンドル1世の命を受けて発足したクレムリン博物館には、15世紀イワン3世 (大帝)の頃から約500年にわたって集められた、「クレムリンの奇跡」と呼ばれる皇帝ゆかりの至宝10万点が納められていますが、これらは日本ではまだ あまり知られていません。クレムリンには15世紀頃からさまざまな工房ができ、17世紀の全盛期には数々の工芸品やイコン、武器などが作られました。クレ ムリン博物館はかつてロシア最大最古の武器工房があったことから「武器庫」の名でも呼ばれています。

本展は、12世紀から20世紀初頭までの、ロシア帝国の栄華を今に伝える10万点の至宝のなかから工芸品、宝飾品、イコン、テキスタイル、絵画など選りすぐった230点を一堂に展示。モスクワ・クレムリンとロシア工芸の歴史の全貌を初めて日本で紹介するものです。

展示作品は、近年モスクワで発掘された中世ロシアの装飾品をはじめ、ロシア皇帝ゆかりの工芸品、宝飾 品、イコンや宗教儀式で使用された品々、衣装。ヨーロッパ諸国の王室から贈られた銀製品。金、銀、エメラルド、サファイヤ、ルビー、真珠、ダイヤモンド、 まばゆいばかりに光り輝く宝石を多用したロシア皇帝の至宝の数々とその背景にあるロシアの歴史を、12世紀中世ロシアから始まり15世紀にモンゴルを打ち 破ったイワン3世(大帝)、 16世紀のイワン4世(雷帝)、17世紀ロマノフ朝の創始者ミハイル・ロマノフ、18世紀に西洋化を進めたピョートル1世(大帝)、エカテリーナ2世、そ して最後の皇帝ニコライ2世まで、壮大なスケールでご覧いただきます。
モスクワ・クレムリン博物館を代表する作品のひとつ、ロシア皇帝御用達だった伝説の宝石細工師・ファベルジェが制作した、精緻な細工と仕掛けで有名な「インペリアル・イースター・エッグ」も初公開されます。

VR(ヴァーチャルリアリティ)で再現!ウスペンスキー大聖堂

歴代皇帝の戴冠式が行われたクレムリン最大最古の寺院、ウスペンスキー大聖堂。壁や柱を埋め尽くすイコンやフレスコ画、煌びやかなシャンデリア。荘厳な聖堂の内部を感動体験。

開催概要

開催期間 2007年3月20日(火)~6月17日(日)
開催場所 江戸東京博物館 1階 企画展示室
〒130-0015 東京都墨田区横網1-4-1
JR総武線両国駅西口徒歩3分、都営大江戸線両国駅A4出口徒歩1分
都バス 錦27・両28・門33系統「都営両国駅前」徒歩3分
開館時間 午前9時30分~午後5時30分(土曜日は午後7時30分まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日 毎週月曜日(ただし、4月30日、5月14日、21日は開館)
お問合せ TEL:03-3626-9974(代表)
展覧会HP http://www.tbs.co.jp/kremlin2007/
主催 財団法人東京都歴史文化財団 東京都江戸東京博物館、TBS、毎日新聞社、ロシア皇帝の至宝展実行委員会、モスクワ・クレムリン博物館
観覧料金
当日券 常設展共通券 前売券
一般 1,300円(1,040円) 1,520円(1,210円) 1,200円
大学・専門学校生 1,040円(830円) 1,210円(960円) 940円
中学生(都外)・高校生
65歳以上
650円(520円) 760円(600円) 550円
小学生・中学生(都内) 650円(520円) なし 550円

※( )内は20名以上の団体料金。
※共通券(当日券)は江戸東京博物館とJR両国駅のみで販売いたします。
※小学生と都内在住・在学の中学生は、常設展観覧料が無料なので、共通券はありません。
※次の場合は本展覧会の観覧料が無料になります。
未就学児童。身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添の方(2名まで)。

※チケット販売所:江戸東京博物館、JR東日本の主なみどりの窓口・びゅうプラザ、電子チケットぴあ、ローソンチケット、セブンイレブン、ファミリーマート、イープラス、CNプレイガイド、JTBなど主要プレイガイドで2007年1月15日から前売券発売中
【インターネット限定チケットについて】
TBS至宝展公式ページで買える インターネット限定、おトクなセット券!
e得チケット

主な作品展示

主な作品展示

※展覧会では、作品保護のため、会場内の照明を暗くしております。

 

銀のコルト 12世紀後半-13世紀前半 ルーシ ©Moscow Kremlin Museums

銀のコルト
12世紀後半-13世紀前半 ルーシ
©Moscow Kremlin Museums
イコン「憐れみの聖母」 14世紀後半 モスクワ ©Moscow Kremlin Museums

イコン「憐れみの聖母」
14世紀後半 モスクワ
©Moscow Kremlin Museums

 

 

 

兜


16世紀 イラン(推定)
©Moscow Kremlin Museums

 

 

 

金の香炉 1616年 クレムリン工房 ©Moscow Kremlin Museums

金の香炉
1616年 クレムリン工房
©Moscow Kremlin Museums

 

 

 

ミハイル・ロマノフの金のひしゃく 1618年頃  クレムリン工房 ©Moscow Kremlin Museums

ミハイル・ロマノフの金のひしゃく
1618年頃  クレムリン工房
©Moscow Kremlin Museums
パナギア「聖母の眠り」 カメオ:12世紀 ビザンティン 枠:1671年 クレムリン工房 ©Moscow Kremlin Museums

パナギア「聖母の眠り」
カメオ:12世紀 ビザンティン
枠:1671年 クレムリン工房
©Moscow Kremlin Museums

 

 

真珠の肩衣 17世紀後半  皇妃工房 ©Moscow Kremlin Museums

真珠の肩衣
17世紀後半  皇妃工房
©Moscow Kremlin Museums
皇帝の威厳を示すひしゃく 1764年 モスクワ ©Moscow Kremlin Museums

皇帝の威厳を示すひしゃく
1764年 モスクワ
©Moscow Kremlin Museums

 

 

 

モスクワ・クレムリンエッグ 1904-06年 ファベルジェ社 ©Moscow Kremlin Museums

モスクワ・クレムリンエッグ
1904-06年 ファベルジェ社
©Moscow Kremlin Museums

 

 

 

関連講座

関連講座

「ロシア工芸文化と日本工芸文化」
日 程
4月7日(土) 午後2時~午後3時30分
講師
宮田亮平 (東京藝術大学学長)
受講料
1,000円
応募締切
3月22日(木)当日消印有効
「モスクワ・クレムリンを歩く」
日 程
4月20日(金)午後2時~午後3時30分
講師
南川三治郎(写真家)
受講料
1,000円
応募締切
4月4日(水)当日消印有効
「クレムリン、神と人が出会うところ」
日 程
5月12日(土)午後2時~午後3時30分
講師
鐸木道剛(岡山大学助教授)
受講料
1,000円
応募締切
4月26日(木)当日消印有効
※会場:江戸東京博物館1階会議室/各回定員130名
※申込方法:住所、氏名、年齢、希望講座名を明記の上、往復はがきでお申込みください。
1枚のはがきにて1講座・1名までの応募とさせていただきます。申込みが多数の場合は、抽選になります。
お支払の方法は返信はがきでご案内いたします。
※申込先:〒130-0015 東京都墨田区横網1-4-1   江戸東京博物館えどはくカルチャー係