2008.03.27(Thu)〜2008.07.06(Sun)

Thematic Exhibition

江戸の華-熱き心 火消と祭-

 

特集「江戸の華-熱き心 火消と祭-」

 

たびたび火災に見舞われた大都市江戸では、大名火消や定火消に加え、18世紀の初めに町火消が成立。町火消は、延焼をくいとめる破壊消防が主体であったため、生命の危険をともなう荒々しいものでした。本展では、「火事と喧嘩は江戸の華」といわれる意気盛んな町火消の姿を、錦絵、絵馬、半纏などで紹介いたします。
また、江戸の代表的な祭りとして知られる山王祭と神田祭では、神輿や山車などさまざまな練り物が出て、各町が豪華絢爛さを競いました。祭礼の衣装や絵巻から都市の祭りの賑わいを展示します。
なお本展は、日本の伝統文化を見つめ続けている山本寛斎氏(ファッションデザイナー/プロデューサー)監修の「熱き心展~寛斎元気主義~」(4月15日(火)~7月6日(日)常設展示室5階 第2企画展示室)と連動して開催されます。

開催概要

開催期間 2008年(平成20年)3月27日(木)~7月6日(日)
会場 江戸東京博物館 常設展示室 6階
休館日 毎週月曜日、5月7日(水) (ただし、5月5・12・19は開館)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分(土のみ7時30分まで)
観覧料金

常設展観覧料でご覧になれます。

 

edo_1
神田明神山車模型(縮尺:1/1)
復元年代江戸後期
edo_3
江戸名所百人美女の内 山王御宮
1857年(安政4)
歌川国貞(初代)・国久 画

関連事業

■ミュージアムトーク

「火消と祭」
開催日:2008年(平成20年)4月18日・25日(各金曜日)
時 間:16時~ (所要時間:30~40分)
集合場所:5階常設展示室・日本橋下集合

 

江戸ノ花 子供遊の図 1860年(万延1)歌川芳艶 画

江戸ノ花 子供遊の図 1860年(万延1)歌川芳艶 画